記事一覧

2018年度 啓発担当者のための人権講座

◇テーマ
  部落差別の現在と人権教育・啓発の課題 

◇日 時2018(平成30)年10月23日(火)
   9時30分 ~ 受付10時 ~ 16時20分
◇ 会 場(一財)福岡県部落解放センター4階  
福岡市博多区千代 1-29-12℡(092)651-7333)
◇ 受講費(資料代を含む)  2,000円
( 研究所会員 1,000円 )
◇ 内容
第一部 講演「ネット社会における部落差別の現実と今後の課題」
 講師 川口 泰司さん
(一般社団法人山口県人権啓発センター事務局長) 

第二部問題提起「差別落書・差別発言と向き合って」
 提起者① 星野  操 さん 
  (筑紫野市立京町隣保館館長)
提起者② 藤田 賢史 さん (筑紫野市職員)

交流「ネット差別、差別落書き、研修時の発言にどう対応していくか」
ファシリテーター 谷口研二(公益社団法人福岡県人権研究所事務長)
【申込みについてのお願い】
 当日参加もできますが、会場整理の都合上、裏面の申込書に必要事項を記入の上 FAX またはメールでお申込みいただくようご協力お願いします。10月18日(木)までにお送りください。        
【問合せ先】
  公益社団法人福岡県人権研究所
 〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13-50 福岡県吉塚合同庁舎4階
 (TEL)(092)645-0388  (FAX)(092)645-0387 
            (担当:峰司郎)

  • 2018年10月11日(木)13時41分

岩崎美枝子さん朗読会

アップロードファイル 73-1.jpg

『リベラシオン』171号掲載の岩崎美枝子さんの清川人情小説「清らかな町シリーズ」③「ぺぺやんと寅やん」の朗読会が10月4日(木)、博多百年町家(リベラシオン150号掲載の立石武泰さんのハカタ・リバイバル・プラン)で開催されます(無料)。よろしければぜひご参加下さい。

  • 2018年09月03日(月)10時01分

「近代日本における女性同士の親密な関係とホモフォビアの形成」 

2018年度 (公社)福岡県人権研究所 第3回 ジェンダー部会 

(部会員報告)
「近代日本における女性同士の親密な関係とホモフォビアの形成」

<報告者> 赤枝 香奈子(あかえだ かなこ) さん
筑紫女学園大学現代社会学部講師。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(行動文化学専攻社会学専修)研究指導認定退学。博士(文学)。専門は社会学、ジェンダー・セクシュアリティ研究。著書:『近代日本における女同士の親密な関係』(2011年、角川学芸出版)、『セクシュアリティの戦後史』(共編著、2014年、京都大学学術出版会)、『戦前期同性愛関連文献集成 第3巻』(共編著、2006年、不二出版)、『映画は社会学する』(共著、2016年、法律文化社)など。

日時  2018年 10月 13日 (土) 18時〜20時(予定)
会場  福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
    福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号 あいれふ8階     (地下鉄赤坂駅から徒歩5分)

参加費  無料

<お問い合わせ> 公益社団法人 福岡県人権研究所 
〒812-0046 福岡県福岡市博多区吉塚本町13-50
福岡県吉塚合同庁舎4階 
(電話)(092)-645-0388/ 0387(FAX)

  • 2018年08月30日(木)16時03分